≫ リハビリスト養成講座eラーニング編 のお申込みはコチラから
≫ リハビリスト養成講座 実技編 のお申込みはコチラから

お知らせ

2018年 01月 05日    
新年明けましておめでとうございます。
御蔭さまで介護スキルアップ研修を始めて12年が経ち、今までの講座をより充実した内容にすべく受講者が気軽に学習出来る様スマホでも対応可能なeラーニングによる学習サービスを実施することが出来ました。
今後は更にバージョンアップし、受講者を拡大したいと考えておりますので御期待下さい。
また、今年の学術大会は2月12日に、介護ラボしゅう代表の中浜崇之さんにご講演頂きランチョンセミナーとして丸の内のタニタ食堂にて食事をしながらの開催ですので、皆様お気軽にご参加ください。
2017年 07月 10日    
☆12月期リハビリスト養成講座実技編は、12月25日に認定試験を終了いたしました。
新たに7名がリハビリストとして認定されました。
認定登録されました皆様おめでとうございます。(会則を御覧ください)
介護に関わる職種の社会的経済的地位の向上の為に誇りを持って日々の業務に邁進願います。

次の3件へ>>

理事長ごあいさつ

川崎2000年からスタートした「介護保険制度」は10年以上が経ち、介護を必要とする方が多くなる時代、即ち「自立支援」を前提としたプログラムが重要となります。私ども日本総合リハビリスト協会は「自立支援」専門の学習プログラムを提供しております。
"介護新時代"で活躍される皆様方を日本総合リハビリスト協会は応援します。

日本総合リハビリスト協会 理事長 川崎 正仁

日本総合リハビリスト協会は、自立支援・介護予防のプロを養成する為に設立されました

病院や施設に通われている方の多くは御自身の状態を悲観されています。 そしてその後に様々な形で回復へ向けて日々努力されています。 また、医療現場を離れた後には、介護施設やご自宅でリハビリや機能訓練を実行されています。
リハビリスト協会では、介護職員の方々のスキルを高め、医療現場との連携を深めることが目標の一つにあります。また同時に、介護職の方々への社会的地位・経済的地位を向上する為の努力をする事が必要とされます。
まだまだ困難なハードルは多くありますが、医療と介護の連携こそが今後の日本社会における重要な課題であると信じてやみません。

お問合せ